勤勉と実直の人、それは守安但さんです

農業を営んでいる方というのは、どこか素朴で勤勉、そして実直な人柄であることが多いように思います。
その代表ともいえるのが守安但さんという方で、80歳になるかという男性ですが、大変な働き者です。
守安但さんは私の家の近所に住んでいらっしゃいますが、朝は日の出とともに田畑へと出かけていきます。
そして9時ごろに帰宅してから朝食を食べ、日中もまた田畑へとでかけます。
その作業は夕方になるまで続くのですが、高齢ながらに草刈りなどの重労働も一人でこなしていらっしゃる立派な方です。
以前台風で自宅そばの河川があふれそうになったことがあります。
しかもそれが夜中のことでしたから、誰も気付かずにいました。
ところが深夜に近隣の家々のチャイムを鳴らし、「水位があがってきているから避難するとか、屋外の荷物を移動させた方がよい」といって知らせて回ってくださいました。
台風の勢力を天気予報でみて、これは危ないと感じ、夜中に何度か河川の様子をみにいって下さっていたのです。
自分に厳しく、周りには親切、そんな守安但さんのように私もなりたいと思っています。