ライフネット生命の安全性

生命保険というのは、加入していてもいつ利用するのかがわからないという不安を抱えた商品です。
長いこと保険料を払い続けていても、結局利用せずに終わったり、さらには保険会社が倒産したりなんて言う不安もあります。
特にライフネット生命のように新しくできた保険会社は、まだ信頼も薄く不安を抱くのは当然のことなのです。
しかし新しい保険会社だから倒産しやすいとか、古いから大丈夫という事は一概には言えません。
そこで生命保険の経営状況の一つの指針となるのが、ソルベンシー・マージン比率という数値です。
この数値は支払い余力を示すとされる数値で、一般的に200%以上あれば基準を満たしているとされています。
ライフネット生命はなんと、ソルベンシー・マージン比率が2013年12月時点で1,816.2%という驚異的な数値を維持しているのです。
新しい保険会社だからと言って不安を抱くのではなく、こういった数値を選ぶときの基準として、ライフネット生命のような安心できる保険を選択していきましょう。