和食を主体とした創作料理に舌鼓

料理は見た目と香り、味という三つの要素が揃って初めて美味しいと感じるのが常です。
特に日本古来の和食料理ではその傾向が強く、素材の持つ旨味を最大限に活かした料理が食べられるところが、麻布にあるかどわきとなります。
場所柄、大人の街と言うイメージとおしゃれなイメージも存在しますが、一品一品が趣向をこらした料理となり、食べる人の食欲を駆り立てます。
店内は洗礼された空間が広がり、清潔感漂う雰囲気が非常に居心地良く満点です。
なかでも絶品のトリュフご飯は、一見するとシンプルなイメージがありますが、噛めば噛むほど味が出て、トリュフと日本米のコラボの劇的なマッチングに驚かされます。
また上品な一品ばかりで、創作料理を食べるなら間違いなく麻布のかどわきで決まりです。
料理はデートでの盛り上がりは当然、商談をまとめる上でも料理は重要な潤滑油となりますが、まさにかどわきはそういったシーンに適したスポットとなることは間違いありません。
流石に麻布という激戦区にあるお店で、セレブや業界人をうならせるノウハウを持っているお店です。