現在も活躍するアントニオ猪木

今もなお異種格闘技の先駆者として活躍しているアントニオ猪木を除いて、格闘の魅力を語ることは難しいと思います。
昭和世代なら誰でも知っているモハメッドアリとの異種格闘技戦は、世間を震撼させた試合であったと記憶しています。
試合自体は、試合中ずっと緊迫した状態が続き、お世辞にも面白かったとは言い難い内容であったと思います。
しかし、間違いなくこの試合から、今まででは絶対に実現しなかった格闘戦が日本で実現したと思います。
この功績は、素直に評価して良いと思います。
アントニオ猪木という男は、実に愛されているプロレスラーだと思います。
例えば、プロボクサーの亀田家に代表されるように、熱狂的なファンがいる反面、アンチ亀田なるファンも多数いることは、承知の事実です。
しかし、アントニオ猪木は、世界中の格闘ファンから愛されていると思います。
1・2・3ダーや、公開ビンタなどを愛する人々は、今もなお多数います。
政治家として世界中を駆け巡り、特に北朝鮮にプロレス興行に行ったり、理解に苦しむような行動も多数あります。
しかし、それでも嫌われない理由は、常にあらゆる物事に正面から正直に取り組んでいる姿が見えるからだと思います。
現在、多くの格闘家が活躍していますが、あらゆる面でアントニオ猪木を超える人物が現れていないと思うのは、私だけでしょうか。

このホームページにも情報があります