防犯カメラが記録するものは、犯罪だけではありません

わたしの職場はフロアが広く、
大きな機械や作業棚もあちこちに設置されているので、
死角となる場所がとても多くあります。
以前からその死角で、喫煙をしたり仕事をサボったりする社員が、
問題になっていました。

その対策として防犯カメラが導入されたのは、一年ほど前の話です。
正直に言えば、防犯カメラと聞くとそのまま、
「犯罪を防ぐもの」という意味でとらえていたので、
それを社内に導入するのは社員を信用していないようで嫌だ、と思っていました。

でもある日、日頃フロアを見回らない上司のひとりに、
「いつもフロアをきれいに片付けてから帰ってくれるよね。
ありがとう」と、いわれました。
なんでも、たまに防犯カメラの記録をチェックするらしく、
そこに私がフロアを片付けている姿が映っていたそうです。

防犯カメラは、犯罪を防ぐだけではなく、
きちんと仕事をしている人間も記録しているのだと思うと、
抱いていた恐怖心がなくなりました。

最近では仕事をサボる人も減り、
以前よりも働きやすい職場になったと思います。